美肌に繋がる質のいい睡眠のとり方とは?

美肌のためには化粧水や美容液によるスキンケア対策はもちろん、体の健康状態やメカニズムの改善も欠かせません。そして健康な体作りの基本となるのが睡眠です。しかし現代人はさまざまな事情から十分な睡眠が取れていないことが多く、それが肌トラブルの原因となっているケースも非常に多いのです。この美肌の睡眠の関係はエイジングケアにおいても非常に大きな意味を持ちます。

美肌のためには睡眠サイクルを維持しつつ深い眠りにつけるかが大切

たるみ解消に効果的な化粧品

睡眠といえば疲労回復の大事な手段。疲労が蓄積していると血行不良に陥ったり、ストレスの蓄積による自律神経やホルモンバランスの乱れといった原因となります。

 

特に女性の場合はホルモンバランスの乱れによる肌トラブルが厄介です。しかし睡眠はそれだけではなく、眠っている間に成長ホルモンの分泌を促す面もあります。つまりしっかり睡眠をとれていればいるほど成長ホルモンの影響でターンオーバーが促され、若々しく健康な肌が作られていくのです。

 

さらに睡眠中には血行がよくなるので分泌された成長ホルモンをはじめ、酸素や栄養が血液を通して皮膚にまで達することで健康な肌作りに役立ちます。

 

問題なのはこうした睡眠の効果を十分に得れていないケースが多いことです。純粋に睡眠時間が少ないだけの問題ではなく質の高い睡眠が取れていないパターンが見られます。睡眠はベッドに入っている時間を確保できればよいわけではなく、睡眠サイクルを維持しつつ深い眠りにつけるかどうかがポイントなのです

美肌のための睡眠は毎日同じ時間に就寝・起床すること

たるみ解消に効果的な化粧品

このサイクルが乱れるとなかなか寝付けない、途中で何度も目が覚めてしまうといった睡眠障害に陥ってしまいます。

 

ポイントはできるだけ毎日同じ時間に就寝・起床することです。休日に寝だめをしたり、翌日は休みだからと夜更かしする人も多いかもしれませんがこうした習慣は質の高い睡眠を阻害する要因となります。

 

それから就寝直前には心身になるべく刺激を与えないこと。カフェインの摂取を控えることはもちろん、パソコンやスマートフォンなど脳に刺激を与える行為も控えましょう。就寝前の1時間はゆっくりとリラックスした環境で過ごす環境で充実した睡眠に備えたいものです。