和食に美肌効果があるって本当?

和食の魅力が世界的な注目を集めるようになっています。とくに欧米では生活習慣病の問題が深刻化しており、ヘルシーで低カロリーや和食のメリットが指摘される機会が増えているのです。そしてそんな和食のメリットを美肌やエイジングケアに役立てる機会も増えています。

和食は低カロリーで野菜が多いので美肌効果が期待できる

たるみ解消に効果的な化粧品

現在では映画スターなど海外セレブの間で和食を積極的に取り入れる食生活が広がっており、その影響で広い範囲で和食の美肌効果に関心が集まっています。

 

和食の美肌効果にはまず先にあげた低カロリーな点が挙げられます。たんぱく質が多い欧米の食事は高いカロリーで肥満の原因となるだけでなく、中性脂肪や血糖値の上昇をもたらします。

 

これらは生活習慣病の原因となるわけですが、血液がドロドロになれば血行も悪化し、ターンオーバーの乱れやくすみ、クマなどの肌トラブルも引き起こします。

 

それから野菜が多いこと。野菜にはビタミンB群、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEといった美肌に欠かせない成分が豊富に含まれています。

 

カロリーを抑えながらこれらのビタミンをうまく取り入れていくことで健康な肌が作られやすい状態を作りつつ免疫力を強化していくことができます。乾燥やバリア機能の低下による肌荒れやくすみ、角質肥厚といった悩みに効果が期待できます。

和食は大豆製品が充実しているので女性らしい体つくりにも役立つ

たるみ解消に効果的な化粧品

もうひとつ、日本食の伝統ともいえるのが大豆製品の充実です。大豆を原材料にした食品に広く含まれている大豆イソフラボンの効果はすでにおなじみでしょう。

 

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで女性らしい体つきをもたらします。エストロゲンにはコラーゲンやセラミドの生成を促す働きも備えているので乾燥肌やターンオーバーの乱れといったトラブルにも役立ちます。

 

他にも魚類が多いので不飽和脂肪酸を摂取しやすいなどのメリットもあります。現代人が肌トラブルを抱えやすいのは食の欧米化が原因にあるとの意見もありますから、美肌・エイジングケアのために改めて和食の魅力を見直してみてはいかがでしょうか。