化粧品はやっぱりラインで揃えた方がいいの?

スキンケア、とりわけエイジングケアではライン使いが基本といわれます。同じブランドの製品、あるいはシリーズで化粧水からクリーム、あるいは化粧下地まで揃えることでトータルなケアができるからです。

バラバラ使いはライン使いよりも特定の目的に集中してケアできる

たるみ解消に効果的な化粧品

またエイジングケアの観点から見ると肌への影響も気になります。単品で揃えた場合、それぞれの製品に含まれている成分同士の相性や過剰摂取などが図りづらいため、知らず知らずのうちに肌に負担をかけてしまっているケースも起こりうるのです

 

年齢を重ねると乾燥やバリア機能の低下の影響で刺激に対して敏感になるため、この点もライン使いが推奨される大きな要因です。

 

こうしてみるとスキンケア製品のバラバラ使いはあまりメリットがないどころかデメリットを抱えてしまう恐れがあるように思えます。ただメーカーをバラバラに集める単品使いにもライン使いにないメリットがあります。

 

まず特定の目的に集中してケアしていきたい場合

 

たとえばシミやくすみ対策に美白効果が欲しい場合には化粧水や美容液、乳液までひと通り美白成分を配合したものを選ぶのです。あるいは保湿対策を行う際には保湿成分が豊富に配合されているかどうかに焦点を絞って揃える。

単品だと自分なりのオーダーメードのスキンケア環境を築ける

たるみ解消に効果的な化粧品

先述のようにそれぞれの相性や過剰摂取には注意が必要ですが、なかなか解消できない悩みを抱えている方にとっては賢く選ぶことでライン使い以上のメリットが期待できます。

 

それから自分なりのオーダーメードのスキンケア環境を築き上げていくことができること。ライン使いの場合、そのブランドが売りにしている配合成分が共通して配合されているケースがよく見られますが、単品なら幅広い成分をうまく取り入れることができます。

 

保湿成分ひとつとってもメーカーによって配合されているものが異なりますから、化粧水ではA社のあの保湿成分を、美容液ではB社のあの保湿成分を補うといった自由度の高い選択ができます。

 

いずれにしろ自分の肌環境と抱えている悩みに合わせた製品を選ぶことが大前提ですが、ライン使いと単品使いのそれぞれの特徴、メリットを踏まえたうえで適切なスキンケア環境を築いていきましょう。