年齢別のエイジングケア化粧品の選び方

30代のエイジングケア化粧品の選び方

前半と後半で化粧品を見直す

たるみ化粧品人気30代化粧品選び方

30代はエイジングケアの入り口であるとともに40代以降の肌環境にも影響を及ぼす重要な時期です。

 

この時期に適切なケアを行っておくかどうかで本格的に老化が進んでいく40代以降の肌環境に大きな違いが出てくるのです。

 

30代のエイジングケア化粧品選びの大前提は「その時の肌環境にあったものを選ぶこと」です。

 

老化が始まり、進行していく時期のため、年齢や生活環境によって肌の状態が変化するのがこの年代です。

 

肌の曲がり角は30代に何度も訪れるといわれており、とくに老化がはじまる30代前半とそれが加速していく30代後半は大きなターニングポイントとなります

 

30代の間ずっと同じエイジングケア化粧品を使い続けるのではなく、肌の状態をチェックしながらつねに適切な製品を選んでいくことが大事なのです。

 

そのためには前半と後半で意識を変えることも必要です。30代前半は老化がはじまったばかりなのでまだ表面にそれが現れることが少なく不十分なケアで済ませてしまうケースが少なくありません。そうならないよう、保湿対策を最優先にして製品を選んでいきましょう。

後半ではく老化そのもののケアも必要に

たるみ解消に効果的な化粧品

老化の始まりは角質層内に含まれるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少していくことからはじまります

 

できるだけ早い段階から不足した分を化粧品で補っておくことで老化の進行を遅らせることができるのです。

 

一方30代後半になったらより本格的なエイジングケアが求められるようになります。

 

保湿対策はもちろんのこと、低下しているハリ・弾力を改善するためのケアや老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化対策などの比重が高まります。

 

ハリ・弾力の改善には真皮層のコラーゲンを増やすビタミンC誘導体、レチノール、ビタミンEなどの成分、抗酸化対策にはここでもビタミンC誘導体、ビタミンE、さらにアスタキサンチンやコエンザイムQ10、FGFといった成分が含まれている成分がお勧めです。

 

このように、30代は時期によって、あるいは老化の進行状態によって重視すべきエイジングケアのポイントが違ってきます。この基本を踏まえたうえでつねに適切なケアができる環境づくりを行っていきましょう。

 

40代のエイジングケア化粧品の選び方

40代ではそれまで行ってきたケアを今一度見直すタイミング

たるみ化粧品人気40代化粧品選び方

40代は本格的なエイジングケアが求められる年代です。30代はじめから少しずつ進行していた老化は後半から40代に差し掛かる頃になると加速していきます。

 

それにしっかりと対応できるエイジングケア化粧品を使っていくことがまず第一です。

 

そのためにも自分の肌環境の変化をチェックした上でエイジングケア化粧品を選んでいきましょう

 

これまで行ってきた保湿対策では効果が十分に得られなくなるかもしれません。以前よりも肌のつっぱり感やカサつきが気になった場合にこれまでよりも保湿効果に優れた製品に切り替えるようにしましょう(※40代の化粧品の選び方)。

 

老化が加速すると角質層に含まれている保湿成分の減少のペースも増していきます。それだけにこれまで以上に保湿成分をうまく補っていくことが求められるわけですが、その際に重要になるのがセラミドの補充です。

 

そして40代のセラミドの補充においては2つの点が重視されます。

 

まずはセラミドの内容。セラミドは原材料や性質によっていくつかの種類に分けられるため、もっとも適してものを選んでより効果的に補える環境づくりを心がけましょう。

保湿成分・セラミドを補う時には2つのポイントに注意

たるみ解消に効果的な化粧品

原材料ではヒト型セラミドがもっとも高い効果と浸透性が期待できます。

 

一方性質による種類ではセラミド1、セラミド3、セラミド6Uが老化によって加速する乾燥とバリア機能の低下の改善に役立つといわれているため、スキンケア製品を選ぶ際に必ずチェックしておきましょう。

 

もうひとつのポイントは補う方法です。30代までは美容液で補うのがメインでしたが40代になったら乳液・クリームでもうまく補っていく工夫をしましょう

 

脂溶性のセラミドは油分が多いこの2つの製品との相性がよいほか、この2つのアイテムで保湿対策を行うことで美容液をアンチエイジング目的にも役立てるなど役割分担もしやすくなります。

 

もちろん、他にもターンオーバーの活性化などエイジングケアに必要なポイントはありますが、まず基本中の基本として40代に欠かせないエイジングケア化粧品選びのポイントとして乾燥対策とセラミドの効果的な補充方法をしっかりと覚えておきましょう。

 

50代のエイジングケア化粧品の選び方

実際に現れているトラブルに働きかける成分が入っていか

たるみ化粧品人気50代化粧品選び方

50代のエイジングケアでは老化を防ぐことはもちろん、すでに老化の影響で表面に表われてしまっているトラブルをいかに改善・解消していけるかどうかが重要な鍵となります。

 

それだけに自分がどのようなトラブルを抱えているか、どんな効果を最優先に求めたいのかをできるだけ明確にしたうえで製品選びを行っていくことが求められます。

 

たとえばたるみの悩みを抱えている場合には保湿対策はもちろん、肌のハリ・弾力を改善するための対策が必須です。そのためにはまず真皮層で肌を支えているコラーゲンを補っていけるかどうかをチェックしましょう。

 

真皮層のコラーゲンは加齢や紫外線のダメージによって減少していきますが、スキンケア製品で直接この成分を肌に塗付しても届かないため十分な効果は期待できません。

 

そこで体内でのコラーゲンの生成そのものを増やしていくことが最大の対策方法となります

 

ビタミンC誘導体やレチノール、プラセンタエキスといったコラーゲンを作っている繊維芽細胞の働きを活性化させる効果を備えた成分が配合された製品を選びましょう。

 

それからシミの悩みを抱えている場合にはやはり美白化粧品の活用がかかせません。ここで注意したいのは美白成分と肌との相性です。

美白ケアは負担の少ない方法で

たるみ解消に効果的な化粧品

美白成分はハイドロキノンに代表されるように効果が高ければ高いほど肌への刺激が強くなるという特徴を抱えています。

 

乾燥とバリア機能の低下が進んでいる50代の肌には負担が大きくなってしまう恐れがあるのです。

 

これまで使ってきた美白美容液は刺激が強くて安心して利用できない、という方はより刺激が少ない美白クリームを使用するのもお勧めです(※50代の化粧品の選び方)。

 

こうしたトラブルごとの重点的なケアができるかどうかに加えて基本的な老化対策を行っていけるかどうかも大事な点です。

 

たるみにしろシミにしろ乾燥によるバリア機能の低下とそれがもたらす紫外線をはじめとした外部からの刺激のダメージの増加が大きな問題です。

 

トラブルの重点的なケアの効果を高めるためにも保湿とバリア機能の改善をしっかり行っていける環境づくりが必須です。

 

保湿に関しても美容液だけでなく乳液・クリームをうまく活用して肌に負担をかけずに必要なケアを行っていける工夫をしてみましょう。
たるみに効く化粧品口コミ人気ランキング>>